ニコオケ流星群について語ります。その11



前回はこちら。

連載11回目。ついに各曲の解説は終わりそうです。
ようやくここまできた…長かったなあ。
まあ書くこと自体は楽しかったので、特別辛いとかそういうことはないんですけどね。
ただ、単純に物理的な意味で長い連載だったなあ、とw


>みくみくにしてあげる♪
前半のオーボエソロは、かなり早い段階で決まっていました。裏でクラにアルペジオをやらせたんですが、意外と難しかったようで…w
後半に入るところの盛り上げは、もう少しクレッシェンドがつくと良かったかなあ。合奏のときに練習はしたんですけど、なかなかきちんと出来ませんでした。盛り上げとしては直前との対比は出せてるんですけどね。もう少し静かなのと、どかーん!っていうのとの間を出したかったなあ。シンバルの使い方とか、編曲ミスの所もあるかもしれません。

後半は、こっそり他の曲を混ぜちゃった場所その3。スーパーマリオワールドより、Here We Go!です。組曲にも入ってるアレですね。編曲をしながらボーっと考えていたときに、実はこの2曲が重ねられるんだなーってことに気づきました。基本的にこういう2曲のかぶせとか裏メロとかを考えるときは、頭の中でメインになる方を流し続けるんですね。で、その上に自分で色々歌ったりイメージしたりして決めていきます。…感覚的なのでわかりにくいかも。まあ今回のこの部分は、結構音も聞こえてるし成功じゃないかな? 意外とコメントでの突っ込みが少なくて寂しかったんですけどねw

>つなぎ
陰陽師の前のつなぎの部分。何よりもまずコードを採るのが大変でしたねえ…。東大オフ直前で、もう夜中近くなったぼろぼろの状態でクラビノーバに向かってた記憶がありますw 
編曲的には、盛り上げのために楽器の使い方でちょっと悩みましたね。上手に楽器を足していけば音量も増えて盛り上げができるんですけど、こういう上昇系だと音域の問題も確実に出てきます。その兼ね合いの中で、どの順番でどうやって足していくのがベターかなあ、というところですね。
合奏の時は最初の4小節を1小節ごとにクレッシェンド、その直後に一回落として、そこからもう一度クレッシェンド、という具合に指示を出しました。実際録音・録画のときもその通りに振ってましたし、指揮者台の位置からはそれなりに聞こえていたんですが…実際動画になるとどうだったでしょうか。もうちょっと大げさにクレッシェンドがつくと良かったのかなあ?

>レッツゴー! 陰陽師
鹿ソロですね。ここをホルンソロにしようっていうのは、構想の一番最初の頃から決定してました。IRCでこんなのどう?って言う話をして、割りとみんなから好評だったんですよね。まあ、最初に決めてしまったがためにここまでの道のりが結構大変だったわけですが…w
終盤に金管ソロを持ってくるっていうことは、そこまで口の温存をさせないとマトモにふけなくなってしまうわけです。普通ならローテーション組むとか、適当にパートの他の人に投げてねって言えばすむんですけど、ホルン1人ですからねー。振り分けを加減したり、音域調節したり色々と頭を捻りました。

>カオスゾーン
最後の山場、カオスゾーン。1人で吹くときはどれを選ぶか、とか結構悩みどころなんですけど、オケなら楽器が一杯あるので特に困ることはないですねw どの楽器がどれを演奏したらいいかなあ、っていうとこは多少考えましたけど、比較的サクサクと作れた場所でした。東大の時はちょっと弦が足りなさすぎて、オーエンが聞こえなかったですけどね…。八王子の時は全部の曲が良いバランスで聞こえてたと思います。
そういえばカオスゾーンの途中(みくみくに入る直前)で一回転調するんですけど、ここの直前のコードが何か、でさくらそうさんと一度大論争になりましたw 確実に自分よりもさくらそうさんの方が耳がいいので大抵は従うんですけど、ここだけはどうしても納得がいかず…w 
と、言うのも色が違うんですよ確実に。私は色聴、共感覚のケがあるらしくて、時々コードとか音とか調性を色で見ている時があるんですね。確かここは黄色っぽく見えてたのかな。そんなわけで、ここだけは自分の主張を押し通して編曲を終わらせました。本当にあってたかどうかは神…もとい、しもさんのみぞ知る。

>G線上のアリア
東大の時にfooさん扱いされてしまったアリアw 弦のメンバーが相当凹んでましたねえ…。八王子のときはむちゃくちゃ練習してきたみたいで、無事にリベンジできてよかったです。コンミスのでばちゃんの緊張っぷりが見ていてちょっと痛々しかったですけどね…w 
曲的には、弦アンサンブルのアレンジにするのにちょっと手間取ったかな? なにせここ作ったのって東大オフの前日の午前3時とかだったもので…w 八王子の時はコンバスは合奏で音聞いて考えようってことだったんですけど、入れたほうが安定したので5重奏になっています。

各曲解説終了! いやーようやく終わった。
さて、次回は動画のコメで多かった点のレス返しとか、残り思い出した諸々の話をしようと思います。ではでは。

☆ニコオケ☆Liner notesカテゴリーの記事
はてなブックマーク Pocketに保存 LINEで友達に送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です